夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~は寝取られ好きにもってこい

「夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~」は、タイトル通りに獄中にいる夫を待つ人妻を大家の息子が寝とるというストーリーです。獄中の旦那がお金に困っても風俗だけはしてほしくないと妻を説得し、面会場所で妻の体を見て自慰行為をするというちょっと異色の展開が変態的なプレイが楽しめる雰囲気がしています。始めは旦那とのセックスしかしないと突っぱねていた人妻が大家の息子に狙われて、体を委ねるしかなくなるのですが、その前に外国人の人妻にも手を出しているシーンがいやらしすぎます。獄中旦那のことを待ち続けるいいからだをしている人妻に迫ったものの、ビンタをされてプライドを傷つけられた変態の大家の息子が、隣の部屋に駆け込み、出てきた外国人の人妻の服を強引に脱がせてめちゃくちゃに抱くというだけでもいやらしいのですが、そばでは旦那が寝ていて、しかも寝ているふりをしていて、止めることができない借金まみれで弱い立場の旦那から嫁を奪ったことへの優越感のなかで外国人の人妻のことをめちゃくちゃにしていくのがたまりません。不甲斐なさで涙する夫の気持ちを面白がるように、音をたてながら体を貪り、テクニックで喘がせるのがたまりません。

夫が獄中に入っている妻を寝とるために、卑怯な手段を使って大家の息子がプライドの高い人妻を犯していくストーリーが素晴らしいです。タイトルからすると、すぐにでも獄中妻がやられてしまうのかと思ったのですが、簡単には抱かれない、手に入りにくい女というような雰囲気をだしていき、人妻の弱味を握るために隣に済む外国人の済む家に行き、いつもしていることが分かるように服を脱がせて思いっきりセックスモードに入り、近くでは無職の夫が寝たふりをして妻が抱かれてしまうことを黙認するしかないという、正に究極の寝とり漫画です。夫が近くにいて寝たふりをしていることも知りながら、グチュグチュ、チュパチュパと音をたてながら大きなおっぱいを舐め回すという卑劣なプレイがたまりません。明らかに童貞のような顔なのに、権力にものを言わせて変態プレイを繰り広げる大家の息子のエロい生活が堪能できます。人妻をわざわざ選び、とうとう拒絶していた牢獄の旦那をもつ人妻のことも自分のものにしてしまい、息子のことをこよなく愛する人妻のことを知りながらも、息子にハレンチな姿を見せて楽しむという、顔もひどければ内面もひどい、その気持ち悪い大家の息子が人妻のことを食いまくる寝とり好きにはたまらない内容です。